事務職

事務職の働き方【メリット・デメリット】

こんにちは、minakoです。

現在は人材派遣会社にて、正社員で事務の仕事をしており、今年で3年目になります。

以前は派遣会社の派遣スタッフとして3社で勤務した経験もあり、

今回は、私の経験を含め、事務の仕事の現実について、働いてみないとわからない

メリット・デメリットを5選ずつ紹介していきたいと思います。

メリット5選


①土日祝休みで、予定が組みやすい
②体力的に長く働ける
③身なりをそこまで気にしなくていい
④ノルマがない

⑤転勤がない

まず、メリットから紹介していきます。

会社によって、当てはまらないところがあるかもしれませんが、

ざっくり解説していきます♪

メリット5選

 undefined

①土日祝休みで、予定が組みやすい

これは大きいですよね。私は以前アパレルで勤務していたので、

逆に土日祝はお客さんがたくさん来るため、休めませんでした・・。

なんせ、シフト制だと、来月の予定が前月の終わりとかに分かるので、

旅行などの予定や、イベントで休みたい際には、事前に申請しておかないといけず、

しかも集客の日は休みづらかったりします。

ですが、元から土日祝休みの事務職なら、この悩みからはおさらばです!

体力的に長く働ける

働いていると思うのですが、本当に動かない。(笑)

もちろん、営業さんに話しに行ったり、印刷機へ印刷物を取りに行ったり、

動くことはゼロではありませんが、基本、自分のデスクで座って作業です。

コーヒーを飲みながら、パソコンで事務処理をしています。

そこまで身なりを気にしなくていい

ズボラな私にとっては、毎日の生活が楽になりました(笑)

もちろん、社会人としての最低限の身だしなみは必要ですが、

ほかの職種ほど、厳しくないところが多いと思います。

メイクせずにマスクで顔を隠す人もいます。接客業ではありえないですね(笑)

制服の会社もありますが、体感的にオフィスカジュアルの方が多い感じがします。

④ノルマがない

ほかの業種だと、個人の売上などノルマがあることが多く、

他の人の成果も含め、目に見えやすいです。(売上順位など)

その為、比較されやすく、成績が悪いと、「今後どうするのか」と

上司からの責められ、プレッシャーを受けることがあります。

しかし、事務職は事務処理を正確にこなしていくことがメインですので、

基本ノルマで悩まされることはありません。

⑤転勤がない

会社によると思いますが、基本転勤はない場合が多いです。

なので、その会社を選べば、ずっとその会社と家の往復です。

転勤がある職種だと、大阪から来月いきなり北海道に転勤とか、

普通にあり得ます。

デメリット5選

①視力が落ちる・肩が凝る・筋肉が落ちる
②給与水準が低い
③仕事内容・職場が合わなければ悲惨
④コミュニケーション能力が必要
⑤人との出会い・毎日の刺激が少ない


次に、デメリットについて紹介していきます。

事務職は、はたから見れば、楽そうに映るところもあるかもしれませんが・・

意外と退職者もいてデメリットもあるのです。

デメリット5選

 ①視力が落ちる肩が凝る・筋肉が落ちる 

  基本、自分のデスクで、1日中パソコンに向かっています。

  毎日8時間以上パソコンを見ていると、目がすごく疲れ、

  私は、最初の1年で視力がガタ落ちしました。。

  ELECOMが行った2017年の調査では、「パソコンを仕事や趣味で

  長時間使っていて、目の疲れを感じたことはありますか?」という回答に

  100人中100人が疲れると回答していました。眼精疲労はあると心得ましょう(笑)

  また、同じ態勢が続くため、肩も凝ります。

  基本1日中座りっぱなしなので、慢性的な運動不足になります(-_-;)

②給与水準が低い  

  ほかの職種に比べ、給与水準が低めです。

  大手か中小企業で給与に大きな開きがあります。

  中小企業だと、手取り10万円台後半はザラです。

  事務で稼ぎたいなら、大手へ行くか、専門的な事務か、

  残業をたくさんしましょう。(笑)

③仕事内容・職場が合わなければ悲惨

 悲惨とは大げさかもしれませんが、(笑) 基本そこで毎日過ごすことになります。

 会社によってはお局様がいることもありますし、

 人間関係や、仕事内容が合わなければ

 毎日のそのルーティーンが続くわけで、しんどいと感じる人も。。

 (今まで退職する人をみていて、すぐ辞める人の大半は理由がこれでした)

④コミュニケーション能力が必要

 事務で働いたことのない方のイメージでは、黙々と作業をして、

 会話はあまり必要ないのではと思われる人もいるかと思います。

 ですが、事務にコミュニケーション能力は必須です。

 チームで仕事をしていくので、他の部署に話しかけに行ったり

 周りへ自分から報連相したり、社外の人と電話をしたり、

 コミュ力がないと、苦痛に思える仕事がたくさんあります。

⑤人との出会い・毎日の刺激が少ない

 毎日、家と会社の往復で、自分のデスクでPC操作メインです。

 内勤なので、毎日決まった社内の人と顔を合わせて過ごすことが大半です。

 事務仕事もルーティーンなので、慣れてしまえばスムーズに仕事ができますが、

 逆に飽きてきてつまらないと思える部分もあるかも。。

事務で働くなら、自分に合う職場が一番!

というわけで、今回はこの辺でおわりにします^^

最後に1つ付け加えると、事務でも会社によって雰囲気が全然違います。

働いている人柄や、社風が自分に合う職場を見つけて働くことが

楽しく働くことに繋がるのではないかと思います。

合わないと感じるのであれば、他の会社へ転職するものアリだと思います。

この記事が参考になれば幸いです。では!

-事務職

© 2020 ゆるっとゆるっち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。