お金の知識&副業&投資

【スキルなし副業】工場ライン業&倉庫での検品・仕分け作業/良い点・悪い点(体験談あり)

こんにちは、minakoです。

今回は、『工場ライン業』『倉庫での検品・仕分け作業』のお仕事についてお話していきたいと思います。

工場や倉庫での作業といっても様々な種類があり、それぞれ雰囲気も違ってくると思いますが、今回は私が体験した範囲で感想をお話したいと思います!

工場ライン業

(大手飲料メーカーのお歳暮ギフト/2日間の単発)

食品工場の従業員のイラスト(エプロン付き)

大手飲料メーカーのお歳暮ギフトのライン業を、単発アルバイトで2日間経験しました。まさに上の画像のままの白い作業着を着て、目の前に流れていくギフトをさばいていきました。飲料を扱っていることもあり、消毒などには厳しかったです。同じように日雇いできている、フリーターっぽい若者たちがたくさんいました。

社員の方などは、上手くラインを回すなどの管理や他にも色々仕事があるようでしたが、私はアルバイトだったので、ひたすら1日8時間、同じ作業のみを行いました。

その作業は、流れてくるビールのギフトの上に、ひたすら紙をのせていくだけでした。(おそらく箱とビールの摩擦で傷がつかないように保護する紙)これだけを、ひたすら8時間×2日行います。

感想は「とても楽」でした。そのころ20歳くらいだったこともあり、体力的に余裕があったのも楽だと感じる原因かもしれません。単発アルバイトで難しい作業は任されないため、だれでもできる作業だと思います。とはいえ、単発ではなく長期で勤務している人は大変で、簡単な作業ばかりではない印象でした。下の画像のような社員さんがウロウロしています。

指差し確認のイラスト(クリーンウェア・男性)

悪い点は、基本誰とも話せなかったことです。そこの会社は、日雇いのスタッフが色んな派遣会社から来ており、面識がありませんでした。休憩時間などもみんなスマホを触り無言でした。また、飲食店などもまわりになく、工場に入ったらほぼ中に缶詰だなと思いました。

休憩時間以外にも、作業中は基本無言でもくもくと作業をしていきました。同じ作業のみを繰り返すので、時間がたつのがとても遅かった記憶があります。また、工場内でイライラしている人がおり、ライン作業がうまくさばけずラインが止まってしまった時に「誰や~!」と怒鳴っている人がいたなと覚えています。また、たえず目の前に物が流れているので、目が回ります。

しかし、質問があれば隣のベテランスタッフにも話しやすい雰囲気でしたし、しゃべらずにもくもくとする作業が得意な方には向いていると思います!ほかにも、コンビニのケーキの上にイチゴを置く作業などもあるそうです♪

倉庫での検品・仕分け作業

(①アパレルメーカー 倉庫で洋服の検品/3日)

(②印刷メーカー   封筒に印字する補助/1日)

(③大手家具メーカー 倉庫で家具の仕分け)

①アパレルメーカー 倉庫で洋服の検品/3日

ホコリまみれの服のイラスト

こちらも20歳頃に3日ほど単発アルバイトをしました。1日からの単発アルバイトの特徴として、1日だけよりも3日など数日まとめて勤務すれば、手当てとしてプラス何千円かもらえたりします。私はこの手当を目的に、3日間派遣会社より派遣で行きました。

小さな体育館のような倉庫の中での作業で、年齢層は40〜50代の主婦の方が長期で働かれていました。そこに繁忙期など単発アルバイトがたまに雇われている感じでした。

ベテランスタッフと2人ペアになって、長い作業机の上に、段ボールから洋服を出していきます。不良品がないかチェックしていき、終わるとベテランのスタッフが段ボールの側面にあるバーコードをピッと機械で読み取り、梱包して終わるとゆう流れです。

もくもくと手を早く動かしながら、素早く処理していく感じで、2人ペアになっても、話しながらやっているチームはありませんでした。真面目にスピード重視で検品していきます。

難しさですが、『簡単』でした。段ボールから服を机に出すくらいの力作業ですので、体力的にも1日もちました。しかし、こちらも単純作業ですので、時間の流れは遅いです。コツコツ真面目に取り組める方に向いています。

②印刷メーカー 封筒に印字する補助/2

製紙工場の作業員のイラスト

上の画像のような紙のロールがいくつかある工事内で、派遣会社より単発1日で働きました。

長3の封筒に会社名を印字するために、印刷機に封筒をセットする作業でした。長期のアルバイトの40〜50代の女性が5人ほどおり、管理者の60歳前の男性が一人いる部屋で行いました。

私はその女性アルバイトとペアになって、もくもくと段ボールに入っている封筒を、印刷機にセットしていきました。作業としては『簡単』で、1日やっても疲労はたまりませんでした。

しかし、大きなデメリットが1つあり、ここは最初に契約した2日の勤務で終わることにしました。そのデメリットは、『アルバイト従業員からの派遣社員に対する風当たりがきつい』ことです。

そこでアルバイトしている人の性格によるのですが、たまたまそこは良い印象ではありませんでした。そもそも、派遣社員より直雇用のアルバイトの方が、時給が安いそうです。それが原因かわかりませんが、5人ほどの主婦で固まり、単発の派遣社員は肩身が狭かったです。具体的には、休憩中に『派遣社員は初めてきても、ベテランの私達より時給が上なのよね』といった話が聞こえてきます。(笑)

そこは家から歩いて10分ほどの工場なので、近隣に住んでいる友人も、同じ派遣の単発で行ったのですが、話を聞くと、同様に風当たりがきつかったそうです。単純作業で、作業内容自体は簡単でも、こういった環境が悪い工場では、あまり働きたくないなと思いました。

③大手家具メーカー 倉庫で家具の仕分け

大きな荷物を運ぶ作業員のイラスト(焦る)

こちらは、私の友人である男性の経験です。学生の頃に1日1万円で働いたそうです。

作業内容は、大手家具メーカーの倉庫で、家具を運ぶとゆうものです。ベットやソファなどの大きな家具は2〜3人で運ぶそうですが、基本は1人でひたすら家具を移動させます。

とても重いものもあり、終わった頃にはヘトヘトになるそうです。二の腕が筋肉痛になり、どんどん筋肉がつき、体重もすごく減ったそうです。引越し業者の荷物運びを、倉庫内で1日やるイメージです。

体力に自信のある人、特に男性でないと、体力的にキツいと思います。内容自体は運ぶたけなので、単純作業になります。

さいごに

いかがでしたか?

工場や倉庫によって、作業内容や雰囲気、キツさは変わりますが、共通しているのは、もくもくと単純作業をこなしていくことです。単純作業をしたいな、とゆう方はトライしてみてください!

-お金の知識&副業&投資

© 2020 ゆるっとゆるっち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。