水素水

水素水の効果 副作用・デメリット【好転反応で起きる作用とは】

こんにちは、minakoです。

この記事では、水素水のデメリットについてお話しします。

水素水の副作用・デメリットはない

person holding drinking glass filled with water

水素水には副作用やデメリットが全くないと聞くと、1つもないことはないだろうと思いますよね。しかし、これといったデメリットはありませんでした。

理由は、水素水とは「水」だからです。

水素を元素の状態で豊富に含んでいる水を「水素水」といいます。水素水は薬ではありませんし、言わば単なる水なので副作用はありません。

水素は、常温で無色・無臭の気体であり、人体に無害です。安全性に関しては複数の論文が出ており、下記の論文で証明されています。

水素水の副作用がないことを証明する海外論文のホームページ

 

また、食品添加物として厚生労働省の認可がおりているため、人の身体に悪い影響を与える恐れがない安全性が保証されています。

ですので、水素水をたくさん飲みすぎてお腹が緩くなるなどは、水をたくさん飲みすぎたときにも起きることですので、「水素水だから」ではありません。それを除くと、水素という元素が入って起きる悪い副作用は特にないとされています。

 

活性酸素と結びつかなかった水素は、自然と口や毛穴からぬけていきます。副作用があると述べている論文は1つもないようです。

好転反応がみられる場合がある

woman in black long sleeve shirt covering her face

水素水を飲んで、好転反応が起き、飲むことを辞めた人もいるそうです。

好転反応とは、身体の悪い部分だけに症状が現れるとは限りません。身体の悪い部分を良くするためにバランスを整えようとしているときに、一時的に表れる反応のことを言います。好転反応は下記の記事が分かりやすく解説してありました。

<EPARK>好転反応とは

 

水素水の好転反応は、身体に様々な不調を起こす『悪玉活性酸素』を減らしてくれる働きがあるのですが、その際にまれに起きることがあるようです。

 

副作用は人によって違いますが、一般的に言われる好転反応として、「肌荒れが起きたり、頭痛がする、身体がだるい」などの作用です。好転反応は、水素水を飲む以外にも、「マッサージ」や「断食」などで身体から毒素が排出される際にも起きること有名です。

好転反応による症状は、起きても数週間以内に収まると言われています。

 

好転反応が起きたから飲むことを辞めてしまうことは、せっかく身体が良い方向に向かっている最中で辞めてしまうことになり、逆にもったいないことかもしれません。

使用上に起きる以外のデメリット

使用上に起きるデメリットはないことが分かっている水素水ですが、使用上以外に起きるデメリットとして、「導入費用が高い」ということです。

 

下記の国内売上1位のメーカーのリンクにある、黒色の水素の整水器は値段が高く、「27万円」くらいです。(もちろん、それよりも安い整水器はあります)

購入してしまえば、500mlあたり3~3.5円の低コストで飲み放題で、専用ボトルがあれば外出時にも持ち運びができるメリットはあるのですが、導入費用が高いため購入するのに少し勇気がいりますね。。



あとは、持ち運びの際にペットボトルに入れてしまったりすると水素がすぐに抜けてしまうため、専用ボトルを買わないといけない点もデメリットといえます。

また、一気に飲むと、体の細胞に溶け込めなかった不用な分の水素が口や毛穴から自然と抜けていくのですが、その際に空気が抜けるためゲップしたくなる場合もあるそうです。笑

導入費用が気になる方は、複数のメーカーを比較することをおすすめします^^

 

 

 

-水素水

© 2020 ゆるっとゆるっち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。